がんばりすぎない日々

肩の力を抜いて 不便利を愉しむ 田舎の平屋暮らし

九月の瀬戸と十月の常滑

愛知県の焼き物のまち瀬戸市常滑市のお祭りに行ってきました♩

 

目次 

 

せともの祭り

 

└ 2019年9月14日(土)~15日(日)

14日に行ってきました。とっっっても混むので朝一から行くのが◎。特に初日は夜に打ち上げ花火が行われるため夕方からの混みは最高潮。尾張瀬戸駅を中心にして歩行者天国になっている道が人でぎゅうぎゅうパンパンになるのですが朝一はまだスタスタ歩ける余裕があります。

f:id:yoyo206:20191101134808j:plain

かわいい豆皿♡

f:id:yoyo206:20191101134830j:plain

職人さんの絵付けが間近で見られたり体験もできます。

f:id:yoyo206:20191101134811j:plain

繊細なお花の絵をスラスラスラ~っと描いちゃう。さすがです。

器械的な模様でなく濃淡が出るのが絵付けの魅力。

f:id:yoyo206:20191101134822j:plain

さまざまなイベントの中でも特に面白かったのはコチラ⇩

f:id:yoyo206:20191101134804j:plain

『作家モノヒロバ』。全国の陶芸作家さんが集まるブースです。ここに並ぶのは個性的で素敵な作品ばかり。

f:id:yoyo206:20191101134826j:plain

f:id:yoyo206:20191101134800j:plain

※写真NGと看板が出ている場合もあるので注意です。

この日は残暑厳しかったのでランチのあとにコーヒーゼリーフロートを頼みました。

f:id:yoyo206:20191101134819j:plain

大きいので2人で1つで丁度よかった^^

『蔵所』というお店でデザートを注文すると器がもらえます。たしか4種類?の中から、お花の柄の黄瀬戸を選びました。

f:id:yoyo206:20191101134815j:plain

裏面

f:id:yoyo206:20191101134833j:plain

竹炭を入れてシューズクロークに置きました。竹炭を入れる器をずっと探していたのでちょうど良かった^^

ランチのあと人混みが激しくなったので急いで退散しました。夫くんが人混みに酔っちゃうタイプ。

 

昭和な町並みを残しつつ。

f:id:yoyo206:20191101134756j:plain

瀬戸は住もうと本気で考えたほど大好きな町です。 

 

常滑焼まつり

 

└ 2019年10月5日(土)~6日(日)

会場はボートレースとこなめ、セラモール、やきもの散歩道、イオンモール常滑の4ヶ所の中からやきもの散歩道に行ってきました。

『とこにゃん』とそれを見つめる猫(本物と思いきや焼き物!)。

f:id:yoyo206:20191101134950j:plain

そういえば常滑VS瀬戸の招き猫発祥地論争はどうなったんでしたっけ?(小声)

 常滑といえばここ土管坂⇩

f:id:yoyo206:20191101135010j:plain

この日は晴れていて最高でした。人通りが多いのですが、無人になる瞬間もあるのでそこがシャッターチャンス。 

f:id:yoyo206:20191101135005j:plain

焼酎瓶の土留め壁。

f:id:yoyo206:20191101135054j:plain

この♡は急須の蓋でできています。

20世紀少年』のロケ地になった場所もありました。

f:id:yoyo206:20191101135017j:plain

見覚えがあるような?ないような?町全体がどこか懐かしい雰囲気。

登り窯の煙突。

f:id:yoyo206:20191101134954j:plain

f:id:yoyo206:20191101135014j:plain

f:id:yoyo206:20191101135049j:plain

f:id:yoyo206:20191101135046j:plain

f:id:yoyo206:20191101135059j:plain

しばし休憩。涼しげなお花とお魚に癒されました。

f:id:yoyo206:20191101134958j:plain

散歩再開。かわいいお地蔵様がいました。

f:id:yoyo206:20191101135103j:plain

f:id:yoyo206:20191101135002j:plain

常滑たぬき。

f:id:yoyo206:20191101145817j:image

とっても暑い日で、後半はだんご茶屋でソフトクリームを買って食べながら散策しました。 

 

購入品

 

└ せともの祭り

f:id:yoyo206:20191101153842j:image

左の長方形の平皿は土田空さんの作品。お肉でもお魚でもなんでも盛り付けて様になるので重宝しています。裏面の土肌のざらざらとした手触りが温かいです。

右の器は赤膚焼の月立窯 中尾心啓(むねひろ)さんの作品。
f:id:yoyo206:20191101220646j:image

深みがあるので汁気のあるものでもOK。今の時期なら南瓜とかお芋の煮つけを盛り付けています。淵のレースがとっても可愛いです。

 

└ 常滑焼まつり

f:id:yoyo206:20191101153903j:image

鶴見宗次さんの作品。鉄分の多い小石を含んだざらりとした土をてびねりして作ったくろシリーズ。てびねり独特の歪みがとても趣があります。黒は食材の色を鮮やかに引き立ててくれるので一枚あるととっても有難いです。

このお皿で先日ずんだ餅を食べました^^

f:id:yoyo206:20191102114403j:plain

 

価格はいずれも1,000~3,000円台。お祭りだとお得に購入できるので嬉しいです。

 

作家さんの作品は一つ一つ表情が違うのでじーっくり選んで、購入したいものは更にじーっくり選びます。じーっくり選び過ぎて「やっぱりやめた」って事の方が多いので夫に飽きられることもありますがw今回もそんな調子でじーっくり選んでいたのですが、常滑でお会計の際、

「丁寧に選んでくださってありがとうございます。是非大切にお使いください」

とお店の方に言われてとても嬉しかったです^^

食器の少なかった我が家は全て食卓でフル活躍中です。そしてときどき水に浸してお手入れ。長く大切に使いたいと思います。

 

ひとこと感想

 

「量の瀬戸、写真の常滑

です。 

瀬戸は人も商品も多い。

常滑はフォトジェニックな場所が多い。

どちらも行けば素敵な作品に出会えることは間違いありません。

 

以上です^^